学位論文

博士論文

  1. ZAHRA, Tuba (2017.03) Spatial distribution and formation of fluvial knickzones in central Japan extracted using multi-resolution Digital Elevation Models (DEMs) and GIS-based tools. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  2. PAUDEL, Uttam (2016.09) Landslide susceptibility assessment using machine leraning with emphasis on scaling and topographic representation issues. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  3. CHEN, Hao (2016.09) Geomorphological and geoenvironmental approaches for evaluating karst terrain in Guizhou Province, China. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  4. 佐藤 李菜 (2016.03) 機械学習を用いた内水氾濫による浸水リスク評価手法の構築. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  5. DOU, Jie (2015.12) Evaluation of landslide inventory, classification and susceptibility assessment based on case studies in Japan and China in varying geoenvironments. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  6. CHEN, Chi-Wen (2015.09) Evaluation of rainfall-induced mass movements and sediment yields in Taiwan. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  7. YUNUS, Ali Pulpadan (2014.09) Morphometric analysis of drainage basins in the Western Arabian Peninsula in relation to geomorphic processes and lithologic control. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  8. ZHANG, Wen (2014.03) Morphometric analyses of Danxia landforms in China using GIS and DEMs. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  9. 伊藤 有加 (2013.03) 地盤情報データベースの解析に基づく大阪盆地の上部更新統~完新統の形成と地形発達. 新領域創成科学研究科自然環境学専攻
  10. HAYAKAWA, Yuichi S. (2007.03) Spatial distribution and formation of fluvial knickzones in Japanese mountain watersheds. 理学系研究科地球惑星科学専攻
  11. LIN, Zhou (2004.09) Geomorphological analysis of longitudinal/transverse profiles of watersheds and stream-net structure based on high-resolution DEMs. 理学系研究科地球惑星科学専攻
  12. SIAKEU, Jean (2002.09) Spatial and temopral variability of suspended sediment concentration in river water of central Japan. 理学系研究科地球惑星科学専攻

修士論文

  1. DARMAWAN, Andy: Land use/cover and surface water quality at multiple spatial scales in the Kanto Region(2010年)
  2. 大澤幸太:火山の開析度および開析深と形成年代の関係(2010年)
  3. 森岡卓哉:高解像度DEMを用いた開析谷の非対称性の分析-武蔵野台地と大宮台地を例として-(2008年)
  4. 牧 健太郎:地すべり土塊と滑落崖の地形特性―山地内および山地間での比較―.(2008年)
  5. 新井雅史:GISを用いた地すべり地形の傾斜特性解析―中部山岳地域を例として―.(2007年)
  6. 谷口真依子:火星火山における標高・傾斜・水系密度の関係.(2007年)
  7. 橋本亜希子:扇状地の末端における地形勾配の急変に関する定量的検討―日本と合衆国南西部を例に―.(2005年)
  8. 畑屋みず穂:関東~中部日本における河川水質の空間分布とその規定要因.(2005年)
  9. TAKAGI, Tetsuya: Change in channel morphology of a large sandy braided river: GIS and remote sensing analysis for the Brahmaputra, Bangladesh. (2004)
  10. HAYAKAWA, Yuichi: Form and distribution of fluvial knickzones in mountainous watersheds: A GIS analysis for Kanto, Japan. (2004)
  11. 正岡直人:里山における荒廃地の分布とその規定要因-GISによる自然条件と人間圧の評価-(2002年).
  12. LIN, Zhou: Analysis of stream-nets in bare lands using high-resolution digital elevation models. (2001)

卒業論文

  1. 落合 翔:日本の扇状地とその上流域における地形特性値間の関係の分析(2010年)
  2. 水鳥未那人:レーザースキャナを用いた岩石の風化過程とその規定要因に関する研究.(2009年)
  3. 白澤優大:GISを用いた九州地方における土地被覆と標高の分析.(2008年)
  4. 松野下 稔:GISと現地調査を用いた積雪分布に影響を与える地形要素の分析.(2006年)
  5. 森岡卓哉:ニックゾーンの前後における地形の傾斜の変化.(2006年)
  6. 岩田 央:鎌倉市の土地利用変化とその規定要因.(2005年)
  7. 長崎和志:GISを用いた首都圏の河川懸濁物質濃度と土地利用変化の解析.(2004年)

論文・書籍

~2010 論文
~2010 書籍

研究発表

~2010 発表

解説・書評

~2010 解説・書評
~2010 講演・講座